06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁く技術~無罪判決から死刑まで

モニプラさんから、小学館さんより12月1日発売予定の
裁く技術~無罪判決から死刑まで森 炎/著
の抜粋版が届きました

裁く技術 裁判員

今年の5月からスタートした裁判員制度

実は、毎年毎年、裁判員候補者が変わるなんて、先日のニュースを
見るまで知りませんでした
てっきり欠員が出たら補充するもんだと思っていた私
裁判員制度による裁判が行われたってニュースも少ないし、30万人
もの候補者がいるんだし…と

ましてや、毎年11月末になると30万人を超える人々に通知が送られ
約28年で20歳以上の日本国民にぐるりと全員一回りするなんて!

全然、知らなかったー!!!

他人事ではないんですね…

しかも、裁判員候補者になって、裁判所から呼び出し状(何だかコワイ
言い方ですよね)が届いて出頭(出頭って悪いことしたときだけじゃない
んですね)し、もしも最終抽選で裁判員に決まったら、その日の午後から
裁判が始まるんですって

『知らなかった』じゃ済まされませんよね

この本には、もし裁判員候補者になった場合に知っておいたほうが良い
ことが書かれています
抜粋版なので、私が手にしているのは、その一部なのですが…
著者の《森 炎》さんは、元裁判官なのだそうですけど、その経歴から
想像するような難しい本ではなく、文章も読みやすいです
裁判員候補者でなくても、読んでおくと実際の事件のニュースを見る
時の視点も変わるかも…

でも、人前で自分の意見を述べたり、議論したりすることが苦手と
いわれる日本人が、いきなり裁判の場に引っ張り出され、意見を
求められて、答えられるものなんでしょうか?

しかも、死刑かどうかを決めるなんて…

すっごい重荷だと思います

感情的になってしまうか、逃げ腰になってしまうか、どちらかなんじゃ
ないかなって気がします

死刑までいかなくても、もしも裁判員となった人たちが、被告人を
犯人であるといった自信がもてず『疑わしきは罰せず』の精神で
無罪にしてしまったとしても『もしかしたら…』って悩みますよね

法律の勉強を全くしていない私たちに、こんなに大事なことを任せて
いいのかな?

決まっちゃったこととはいえ、本当に必要なのかな?

他人事として傍観していたときには、あまり考えなかったようなことが
頭に浮かんできました

ちなみに、この本には《裁判員を断る技術》も載っています

死刑についての項目もあって、今まで《死刑制度》について深く考えた
ことがない私は、ここでも考えさせられました…

色々と考るキッカケを与えてくれた『裁く技術~無罪判決から死刑まで
発売が待ち遠しいです!


裁判マニュアルの決定版★「裁く技術」(森炎/著)発売前先行モニター募集! ←参加中
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

LICO

Author:LICO
札幌在住
情報収集が趣味の3姉弟のママ
楽しいことと、美味しいものが
大好きです♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りブログ

本棚

オススメ♪

主婦のスキルを活かし、企業と主婦をつなげるMaM-CaN(マムキャン) 今日ドキッ [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。 fancrew ベルメゾンネット

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。